花粉による肌荒れの対処について

花粉による肌荒れの対処方法

花粉症が原因の肌荒れ「花粉症皮膚炎」は、約9割の女性がかかるといわれています。
また、長い間花粉症だけだった人が突然肌荒れを起こすことがあります。
顔が赤く薄っすら腫れ上がって小さいニキビも。
そして毛穴が開いてる感じがする症状が出ます。かゆみも伴うことがあります。
腕にも湿疹が出たりすることがあります。

 

これは、「花粉で肌が荒れる」というより、乾燥でめくれてしまった皮膚と皮膚の隙間に花粉が入ってアレルギーを起こして痒くなったりするというのが正しいです。さらに、花粉症がある場合、もっと敏感に反応するになります。

 

こういった人は、化粧品が合わなくなるので、ワセリンだけで保湿するほうがいいみたいです。
そして、市販の薬や化粧品を使うより、まずは、病院で診てもらうほうがいいです。
科目は、皮膚科やアレルギー科になります。

 

市販薬は、その人の身体に合わないと、鼻水、くしゃみ、のどの痛みなどが出てかえって症状が悪化する場合もあります。市販薬では効果に限界もあります。

 

病院では、アレルギー症状を抑える飲み薬を処方してもらえるし、かゆい、赤く腫れるなどの症状に合わせた塗り薬も処方してもらえます。

 

病院で「花粉皮膚炎」と辛酸されるとステロイド系の軟膏が処方されます。その軟膏には弱いものから強いものまで10種類ほどあります。
ステロイド系の軟膏は、塗った最初の日は、びっくりするほど肌がきれいになったという人もいますが、あまりステロイドに頼りすぎるのも禁物なので状態をみて、皮膚科のお医者さんと相談しながら使用するのいがいいです。

 

いったん、花粉で肌荒れになると治まるまでには、結構時間がかかるので、早めに病院で診てもらってください。

 

普段の生活で気をつけなければならないことは、基本は、肌を露出しないことです。
外に出るときは、マスク、手袋、帽子などで肌を花粉から守りましょう。

 

また、花粉が出てから対処するのではなく、花粉が飛びはじめる前から、薬を飲んで備え、もし症状が出たら、それに合わせて、眼科、皮膚科などを受信するのも対処方法のひとつです。

 

花粉の肌荒れの対処方法には、いろいろあって、真偽は定かではありませんが、レンコンをすりおろしてはちみつを加えてお湯で溶かしたものを1日2,3描い飲むと1週間くらいで効果が出て来るというはなしもあります。

 

また、にがりを水道水ではなくミネラルウォーターに溶かしても効果があるといった対処方法もあります。

 

興味のある人は試してみてください。